/

この記事は会員限定です

オンライン環境、感情共有が重要 西田弘次氏

ビジネス・ブレークスルー大学客員教授(対人コミュニケーション)

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの流行は、コミュニケーションの形態に大きな変化をもたらした。職場や学校ではオンライン化が一気に進んだ。物理的な距離を保ちながら日常の営みを続けるための進歩といえる。しかし、変化に対応できず戸惑いや不安を抱える人たちが急増し、人間関係でも「物理的距離を保ちながら心の距離を近くできるか」と多くの人が模索する。

コミュニケーションの目的は、「情報伝達」と「感情共有」である。そして情報伝...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り980文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン