/

この記事は会員限定です

購買力低下、賃金停滞が誘因 円の実力をどうみるか

加納隆・一橋大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○生産性の伸び率と実質為替レートに相関
○円安の国内価格転嫁遅れも実質減価招く
○着実な労働市場改革が購買力改善への鍵

日本経済に関する2つのニュースが市場で注目されている。一つは、日本の実質為替レートが1970年代の水準まで減価したことだ。もう一つは、経済協力開発機構(OECD)のデータで日本の平均賃金が韓国を下回ったことだ。これらは強く関連しており、ともに日本経済の中長期的な地盤沈下を示唆...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2620文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン