/

この記事は会員限定です

データに基づく政策論議を 中里透氏

上智大学准教授(マクロ経済学)

[有料会員限定]

最近、EBPMという言葉をよく見かけるようになった。エビデンス(証拠)に基づいて政策を立案することは、行政の効率的な運営に大いに資するだろう。

もっとも、経済政策全般を見渡すと、データに基づく議論が十分に行われているとは言えないようだ。たとえば、アベノミクスについては「放漫財政」という評価が定着しているが、実際のデータを確認すると、歳出(政策経費)の水準は2013年度から19年度までほぼ横ばいだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り974文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン