/

この記事は会員限定です

円安は行き過ぎ、揺り戻しも 円の実力をどうみるか

竹中正治・龍谷大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○交易条件の悪化は円安によるものでない
○市場は米金利上昇見越し先回りで円売り
○経常収支黒字の構造的な変化は円安要因

「悪い円安論」が聞かれる。この種の見解には「円安は円換算の輸入資源価格を高騰させる」といった素朴なものから「円安が日本の交易条件を悪化させる」という経済学的な装いをまとったものまである。筆者は、現下の円安は後述する観点から行き過ぎと判断している。だが今の円安が日本の交易条件を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2636文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン