/

この記事は会員限定です

最低税率、格差是正に寄与 法人課税、国際合意の意義

ガブリエル・ズックマン カリフォルニア大学バークレー校准教授

[有料会員限定]
ポイント
○租税回避地の利益計上の意味合い薄れる
○中産階級はグローバル化の恩恵得られず
○国際経済開放と革新的な課税は両立可能

2021年10月、およそ130カ国・地域が多国籍企業に対する法人税の最低税率を15%とすることで最終合意した。これは極めて重要な転換といえる。過去20年間、国際機関は課税ベースの定義を一致させようとするだけで、大企業の法人税率についてはたとえ1%といった低い数値でも事実上容認...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2606文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン