/

この記事は会員限定です

日銀総裁の学歴サイクル 経済学部卒が政策を正常化?

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

夏の参院選が終わると、政権が来春就く次期日銀総裁の人事の調整に着手する――。政府・日銀内や市場関係者の間でよく聞く声だ。

2013年に就任した黒田東彦総裁のもと、日銀は異次元金融緩和政策で市場の環境を改善し、消費者物価上昇率がプラスになる「デフレでない状況」の実現に貢献した。評価すべき点だ。

一方で、当初2年程度での実現を目指した2%物価上昇率の達成には時間がかかった。ここにきてようやく実現しそ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1296文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン