/

この記事は会員限定です

福島第1原発、処理水海洋放出の準備工事をつぶさに見る

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

東京電力福島第1原子力発電所(福島県大熊町、双葉町)では、懸案である処理水の海洋放出に向けた準備が進んでいる。放出設備に関する原子力規制委員会の審査はほぼ終了、東電は2023年春の放出開始を目指すが、地元の理解という高いハードルがある。日本記者クラブの取材団に加わって現地を訪れた。

海に面する護岸に掘った巨大な立て坑の底に、シールドマシン(トンネル工事用掘削機)があった。処理水を原発沖合1キロの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3072文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン