/

この記事は会員限定です

「使ってなんぼ」のスパコンへ 富岳が本格稼働

編集委員 吉川和輝

[有料会員限定]

世界最高性能のスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」がこのほど、本格稼働した。先代のスパコン「京(けい)」の開発計画に対して、当時の事業仕分けで蓮舫参院議員が「2位じゃだめなんでしょうか」とただしてスパコン論争が起きたのは2009年のことだ。京を上回る約1300億円の開発費をかけた富岳への費用対効果のチェックの目は厳しい。感染症対策やスマートシティーの丸ごとシミュレーションといった従来にないスパ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1429文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン