/

この記事は会員限定です

社外取締役が力を発揮するには 高山与志子氏

ジェイ・ユーラス・アイアール取締役

[有料会員限定]

6月に改訂された企業統治指針(コーポレートガバナンス・コード)は、社外取締役の働きを一段と重視している。東京証券取引所が2022年春に新設する「プライム市場」に上場する企業は、取締役会の3分の1以上を社外取締役とすることを求められ、従来(2人以上)より要件が上がった。一定数以上の社外取締役をガバナンスの要に置くという「形」は日本でも整いつつある。今後は社外取締役がその機能を十分に発揮できる仕組み、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン