/

この記事は会員限定です

環状2号線開通、曲折76年 都の未着手道路なお830キロ

編集委員 谷隆徳

[有料会員限定]

東京の都心部と臨海部を結ぶ幹線道路、環状2号線の新橋―築地間が12月18日に開通する。これで千代田区神田佐久間町から江東区有明に至る環状2号線の全線が開通することになる。建設が決まってから76年もの歳月を経て完成する道路が示す意味とは一体何だろうか。

1946年から計画

「地元の方や工事に携わった方など非常に多くの人々のお力添えで成し得た。まず感謝したい」。10月半ばの記者会見で小池百合子東京...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1337文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません