/

この記事は会員限定です

ジョブ型雇用、効果どう引き出す?

編集委員 水野裕司

[有料会員限定]

ポジションごとに社内外から最適な人材を起用する欧米流の「ジョブ型雇用」。経団連がその導入を提唱してから2年余りたった。大手企業では制度導入に向けた動きが相次ぐ。ただし日本は雇用の流動性が低いため、制度の眼目である人材の新陳代謝が進みにくいという問題がある。ジョブ型の効果を引き出すための課題を先発企業のひとつ、日立製作所の例から考える。

ジョブ型雇用はそれぞれのポストについて職務内容やその遂行に必...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1574文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン