/

この記事は会員限定です

米、東南アに一層の関与を デレク・グロスマン氏

米ランド研究所上級防衛アナリスト

[有料会員限定]

米国のバイデン大統領の就任から約半年がたったが、東南アジアに関する政策はいままでのところ不十分にもみえる。もっとも、バイデン氏はインド太平洋に焦点を合わせており、中国の影響力に対抗することの重要性を繰り返し強調している。米国の同盟側でパートナーシップを強化し、中国の国際秩序への挑戦を困難にするのがバイデン氏の答えだろう。

バイデン外交は民主主義や人権の重視を掲げており、東南アジアでは相いれない側面...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1532文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン