/

この記事は会員限定です

高齢化社会の不安払拭急げ 参議院選挙後の岸田政権

八代尚宏・昭和女子大学特命教授

[有料会員限定]
ポイント
○高齢者も負担する年金目的消費税検討を
○少子化対策では「子ども保険」創設も一案
○介護保険の規制改革で付加価値を高めよ

5月にまとめられた全世代型社会保障構築会議の議論の中間整理は、岸田政権の参院選公約の基盤となった。高齢者中心の給付を見直し、子育て・若者世代への支援を「未来への投資」と位置づけ、高齢者人口がピークとなる2040年を目指した社会保障ビジョンを描くとしている。主要な柱として仕事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2637文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン