/

この記事は会員限定です

教育が社会に与える影響(6) 少子化が問題視される理由

大阪公立大学准教授 黒田雄太

[有料会員限定]

教育の影響を考える場合、就学期間の延長によるライフスタイルの変化も重要です。晩婚化や少子化の要因に女性の高学歴化があげられることがありますが、それは本当でしょうか。

経済学的には、結婚や出産をするのは、そのメリットがデメリットを上回るからだと考えられます。教育で所得が高まれば、精神的な充足以外の(金銭的な)メリットが低下し、結婚しない確率が高まるでしょう。また、所得の増加は子育ての機会費用を高め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り642文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

やさしい経済学

ニュースなどで注目される経済学の最新トレンドを、気鋭の学者や有識者がわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン