/

この記事は会員限定です

老朽マンション、都内2500棟が管理不全の恐れ 条例1年

点照

[有料会員限定]

毎年、東京都内で大量の分譲マンションが建てられる一方で、既にある建物の老朽化が着実に進んでいる。東京都が都道府県で初めて、マンションの適正な管理を促す条例を施行して1年。管理が不全で将来、問題になるだろう物件の規模などが徐々に浮かび上がってきた。

外壁や内装は劣化していて外から見ると空き室が目立つ。ベランダにはゴミが山積みされ、管理組合もない。このような「かなり深刻な状況の建物が少なくない」と、都...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン