/

この記事は会員限定です

執行後の検証・統制の強化を ポストコロナの財政

藤谷武史・東京大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○予備費は政府に裁量的な支出権限与えず
○10万円給付の目的曖昧で成果も評価困難
日銀の政策転換も視野に財政運営議論を

コロナ危機は、2008年のリーマン・ショック、11年の東日本大震災を上回る規模の衝撃を日本の経済・財政にもたらした。20~21年度の巨額の財政出動により、国債発行残高は1千兆円を突破する見込みだ。

社会経済の重大な危機に際し、財政出動による積極的な対応は当然必要だし、巨額の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2636文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン