/

この記事は会員限定です

ワクチン接種にインセンティブを 渡辺安虎氏

東京大学教授

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのワクチン接種は、供給計画の不備により速度は落ちるだろうが、ここまでは一定のペースで進んできた。しかし開始から2カ月が過ぎても65歳以上への1回目の接種率は80%に達しておらず、接種に迷いを持つ層やワクチン自体を忌避する層の存在がうかがえる。先行する米国などでは、迷いを持つ層への接種をどう促すかが大きな社会的な課題となっており、日本も遠からず同様の問題に直面するだろう。

この問題...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1026文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン