/

この記事は会員限定です

研究開発型への支援に重点 スタートアップの課題

加藤雅俊・関西学院大学教授 本庄裕司・中央大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○コロナで設立直後の企業の資金調達苦戦
○IPO依存の出口戦略ではM&Aも活用
○投資関連の規制緩和で資金調達しやすく

スタートアップ企業は、イノベーション(革新)や雇用創出を実現するうえで重要な役割を担う。特にイノベーション創出をめざす「研究開発型スタートアップ企業」は、多くの国で経済活性化の担い手として期待が寄せられている。

他方、スタートアップ企業は既存企業と比べ資金調達の問題に直面しやす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2537文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン