/

この記事は会員限定です

コロナ禍、弱み浮き彫りに 民主主義の危機

ヤシャ・モンク ジョンズ・ホプキンス大学准教授

[有料会員限定]
ポイント
○民主国家で政府のコロナ対応の失敗顕著
○米国の挫折は民主主義への敬意失わせる
○二極化や停滞放置すれば国家存続の危機

日本では再び新型コロナウイルスの感染者数が増加傾向にある。コロナに打ち勝ったと宣言するのは早すぎる状況だ。日本は今なお試練のさなかにあるが、それでもコロナによる累計死者数は世界の多くの国と比べ際立って少ない。例えば日本の人口は米国の約3分の1だが、死者数は50分の1程度にとどま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2602文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン