/

この記事は会員限定です

AI法廷や宇宙エレべーター 日経「星新一賞」が描く未来

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

SF的発想をもとに未来の姿を想像し、新しい製品やサービスの開発につなげる「SFプロトタイピング」が注目されている。理系的アイデアに基づく新しい文学の創出を目指す日経「星新一賞」(日本経済新聞社主催)の過去9回の受賞作には、そうした開発手法にも通じる豊かな想像力が生み出す未来の姿が描き出されている。

第5回グランプリ(一般部門、以下同)に選ばれた「Final Anchors」は人工知能(AI)搭載...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2139文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン