/

この記事は会員限定です

負担の公平性、理解得る必要 変動運賃制導入の課題

手塚広一郎・日本大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○輸送力増強せずピークシフトで混雑緩和
○認可を伴う運賃改定手続きの負担も課題
○オフピークの値下げとの組み合わせ一案

鉄道分野へのダイナミックプライシングの適用が注目されている。5月28日に閣議決定された「第2次交通政策基本計画」では、通勤時間帯などの混雑緩和を促進させる施策例として、変動運賃制(ダイナミックプライシング)に言及した。

ダイナミックプライシングとは、季節や時間帯などに応じて価...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2620文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン