/

この記事は会員限定です

忍び寄るスパイウエアの脅威 イアン・ブレマー氏

米ユーラシア・グループ社長

[有料会員限定]

イスラエルのサイバー企業、NSOグループが開発したスパイウエア「ペガサス」を使えば、スマートフォンの持ち主を監視し、秘密を盗み出す並外れた力を得られる。ペガサスは通話や留守番電話を傍受し、持ち主の位置を追跡し、パスワードを盗み、メールや閲覧履歴を収集するという。監視対象のスマホのカメラやマイクをオンにして新たな写真を撮り、音声を録音することもできる。

ペガサスは持ち主がスマホに触らなくても感染する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1713文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン