/

この記事は会員限定です

株高呼んだ「プライム未達」 東証再編にも隠れた効用

編集委員 川崎健

[有料会員限定]

「大山鳴動してねずみ一匹」。4月、東京証券取引所が約60年ぶりに満を持して実施した市場再編は投資家からこう酷評された。

新市場への移行でふるいにかけ、上場企業の実力を底上げするねらいだったはずだが、上場基準未達の企業にも期限を明示しない「経過措置」を認めたからだ。これでは何も変わらないと投資家は鼻白んだ。

本当に何も変わっていないのか。東証1部から移行したプライム市場の「経過措置企業」(295社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1039文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ビジネスに知見が深い編集委員らが独自の視点で企業の経営戦略を論じます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン