/

この記事は会員限定です

特別支援学校に初の設置基準 障害ある子の教室改善急務

[有料会員限定]

障害のある子どもが学ぶ特別支援学校の施設が満たすべき要件を定める設置基準が9月に公表された。背景には、在籍する子どもの増加による慢性的な教室不足がある。基準の策定を早期の教育環境改善につなげるとともに、共生社会の担い手を育てるこれからの教育システムを考える機会にしたい。

特別支援学校は今年5月時点で全国に1160校ある。視覚障害、聴覚障害、知的障害、肢体不自由、病弱の5種類の障害に対応した教育を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2001文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません