/

この記事は会員限定です

SNSと安倍時代のシンクロ 民主主義に「分断」の影

安倍政治とは何だったのか④ 編集委員 山本有洋

[有料会員限定]

銃撃され亡くなった安倍晋三氏の首相在任と並行して登場し、社会に大きな影響を与えたのがSNS(交流サイト)だった。バブル崩壊以降、尾を引き続ける閉塞感を脱し切れない中、誰でも発信できるこのツールを通じて他者への敵意や対立が表に流れ出やすくなった。社会が変容し「分断」にもつながりかねないこの潮流に、どうあらがうか。大きな宿題が残されている。

第1次安倍内閣が発足したのは2006年。ツイッターの創業や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1548文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン