/

この記事は会員限定です

ドンキ、酒・菓子の超専門店  「見たことない」こだわる

商品開発M1からN1(下)

[有料会員限定]

東京駅の地下にある商店街の八重洲地下街。5月下旬に総合ディスカウントストアのドン・キホーテが2つの専門店をオープンした。「お酒ドンキ」(売り場面積97平方メートル)と「お菓子ドンキ」(同72平方メートル)だ。

コンビニエンスストアにも満たないミニ・ドンキだが、見たことがない商品をそろえ、買い物エンターテインメントを目指すドンキらしさを実現した。例えばペットボトル入りの生クラフトビール(税込み935...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1200文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン