/

この記事は会員限定です

新常態、技術革新を成長の糧に 中国共産党100年

西村友作・対外経済貿易大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○共産党が掲げる目標・計画が経済の根幹
○国内構造の変化と国外情勢悪化が前提に
○デジタル基盤に「新経済」への移行を急ぐ

中国の経済体制は、建国後の社会主義計画経済から改革開放を経て、社会主義市場経済へとその姿を大きく変えてきた。だが中長期目標・計画を策定し、中国共産党の強いリーダーシップの下で達成を目指すスタイルは一貫して変わらない。

中国全土に「根」を張る中国共産党が掲げる目標・計画を「幹」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2642文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン