/

この記事は会員限定です

文化庁長官・都倉俊一氏 相手を知り、世界に挑む

私のリーダー論㊤

[有料会員限定]

ピンク・レディー、山口百恵、山本リンダらのヒット曲を手がけた人気作曲家で2021年4月に文化庁長官に就任した都倉俊一さん(74)は国際経験を生かして文化立国づくりに奔走する。目標は「輸出で稼げる文化芸術産業の育成」。売れる仕組みを理解し、世界に仕掛けるプロデュース機能の必要性を説く。

――文化立国づくりの旗振り役として強力なリーダーシップが求められていますね。

「新型コロナウイルスの感染拡大でイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2618文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン