/

この記事は会員限定です

高専「輸出」で見えたもの 社会の課題解決こそ使命

谷口功・国立高等専門学校機構理事長

[有料会員限定]

国立高等専門学校機構が高専教育の「輸出」に取り組んでいる。谷口功理事長は「ものづくり」の実践力と、それを社会課題の解決に生かす創造性を併せ持つ人材の需要が、各国で高まっていると指摘する。

高等専門学校(高専)は中学校卒業後の15歳の若者に、本科5年一貫の教育によって高度な専門性を基礎とする実践力を養い、創造性豊かな社会の財産としての人材(以下人財と呼ぶ)に育てる高等教育機関である。中学から高校、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2210文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン