/

この記事は会員限定です

デジタル時代の労働法を テレワーク定着への課題

大内伸哉・神戸大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○「場所主権」軽視する経営と司法に変化も
○リモート環境下の健康は個人自ら管理を
○雇用や自営という前時代的な分類やめよ

情報通信技術(ICT)が普及して久しいが、これを取り入れたテレワーク(特に在宅勤務)の広がりはいまひとつだ。ICTが働き方の本質的変化に結びつかない主な理由は、日本企業では職務や勤務時間など業務遂行の基本的な内容が契約で特定されず、上司のその都度の指示による部分が多いため、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2615文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学を専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン