/

この記事は会員限定です

無形資産の蓄積、普及を左右 テレワーク定着への課題

滝澤美帆・学習院大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○在宅勤務普及がコロナ下のGDP下支え
○ICTや人材・組織投資、円滑移行の鍵に
○平時から効率的な働き方で生産性向上を

2021年12月公表の国内総生産(GDP)2次速報値によれば、21年第3四半期の名目GDPはコロナ前(20年第1四半期)の水準を回復していない。米国や欧州先進諸国と比較して緩慢な経済回復にとどまる中で、年始からは国内の感染者数が増加に転じている。感染予防と経済活動の両立とい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2633文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン