/

この記事は会員限定です

田園都市国家はボトムアップで 川島宏一氏

筑波大学教授(社会工学)

[有料会員限定]

岸田文雄政権はデジタル技術で都市と地方の格差を埋めるデジタル田園都市国家構想を掲げ、実現会議を立ち上げて議論している。

田園都市とは産業革命の結果、不衛生でコレラのまん延するロンドンの人々を救うため、英国人エベネザー・ハワードが1898年に提唱した都市づくりの考え。田園の自然環境と都市の就業機会・利便性を併せ持つ田園都市を郊外に衛星状に配置し、鉄道・水路で結ぶ。法人を設立して建設資金を集め、イン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り978文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン