/

この記事は会員限定です

EV時代の「電費」ビジネス テスラに勝つには

本社コメンテーター 中山淳史

[有料会員限定]

トヨタ自動車が3月に発行した、資金の使い道を環境事業などに絞った大型の債券「ウーブン・プラネット債」は外貨建てを中心に5千億円の予定規模がほぼ完売したという。

名前の通り、同社は2月に静岡県裾野市で着手した都市開発事業「ウーブン・シティ」の建設などに充てるが、注目すべきは「グローバルなお金」が「ローカルな街」の開発にこれだけ集まる点だ。

3千兆円ともいわれるESG(環境・社会・企業統治)マネーが動くさなかであ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1907文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

中山 淳史

自動車、電機など産業動向、経営トレンドに精通。編集委員、論説委員などを経て2017年2月より現職。「GEと東芝」「移動の未来」などで講演多数。2001年の米同時テロをニューヨーク駐在時に取材。アルゼンチン留学も。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン