/

この記事は会員限定です

ビットコイン、脱炭素に変身中 再エネ価格低下が追い風

デンシバSpotlight

[有料会員限定]

暗号資産(仮想通貨)はかねて、地球環境への影響が問題視されてきました。取引を承認する過程で大量の電力を消費するためで、環境団体などは二酸化炭素(CO2)排出の元凶と批判してきました。しかし、再生可能エネルギーの普及とともに、様相が変わり始めているようです。

仮想通貨は国家や中央銀行が管理しない代わりに、インターネットでつながった多数のコンピューターが取引の正当性を検証し、価値を安定させます。これ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2203文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン