/

この記事は会員限定です

女性活躍と子育ての両立、優しさの勘違いは不要

編集委員 石塚由紀夫

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

日本の少子化が止まらない。国がこのほど発表した2020年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯産むと推計される子どもの数)は前年比0.02ポイント低下し、1.34に落ち込んだ。07年以来の低水準だ。子どもを産み育てやすい環境整備が急務だが、一方で日本は少子高齢化による労働力不足も深刻で女性活躍を同時に推し進めなくてはいけない。女性活躍と少子化対策の両立――。一見解読困難なパズルのようだが、先進企業の事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2240文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン