/

この記事は会員限定です

生物多様性支える里山管理 集落の文化、一体で継承

[有料会員限定]

「ヒトと共に去ったチョウたち」。そんな題名の研究論文が3月に発表された。全国34の廃村を調べた結果、有人の集落に比べチョウ類が減っていた。人の離村とともに生物多様性も失われる、という内容だ。

著者の一人、国立環境研究所の深沢圭太主任研究員に話を聞いた。減っていたのは草原にすむチョウ。牧草地や田んぼのあぜなど、人の手で維持されていた草原が離村により失われ、チョウもまたすみかを失ったのだという。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り917文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン