/

この記事は会員限定です

三宅一生さん死去 「一枚の布」破壊より創造

[有料会員限定]

片時もつえを手放さず、足を引きずりながら歩いていた。それは故郷の広島で被爆した後遺症だった。原爆はさらに母の命までも奪い去る――。

「でも僕は誰かを非難したくはないんです。破壊するよりも新しいものを創造していたい」。自分に言い聞かせるように語る姿が印象的だった。

人生の原点に刻まれたのは広島市中心部にかかる平和大橋。彫刻家イサム・ノグチが設計したというその橋を眺めながら通学し、「人に夢や希望を与...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り802文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン