/

この記事は会員限定です

中小企業のデジタル化支援を コロナ後の成長の条件

乾友彦・学習院大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○若い企業ほどクラウド活用で生産性向上
○生産性高い事業所のシェア拡大が重要に
○デジタル化は生産体制の国際化促す傾向

日本企業はデジタル化を通じた業務改善が遅れており、新技術の導入による製品開発や事業効率化といったメリットがデジタル化の進む米国企業に比べ限定的だと指摘されてきた。一方で新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を契機に、テレワークをはじめ企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2619文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン