/

この記事は会員限定です

国民生活改善への転機に ニクソン・ショック50年

岡崎哲二・東京大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○変動相場制で政策手段選択の自由度拡大
○円高が企業の本格的な国際化の引き金に
○日本経済の国際的な地位の向上にも寄与

50年前の1971年8月16日朝(米国時間8月15日夜)、ニクソン米大統領は、金とドルの交換停止、10%の輸入課徴金賦課、90日間の賃金・物価凍結などを骨子とする新経済政策を発表した。第2次世界大戦後の国際通貨体制、いわゆるブレトンウッズ体制を支えてきた金・ドルの固定価格での自...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2656文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン