/

この記事は会員限定です

侵略されたらどうすべきか 長谷川寛氏

地方公務員

[有料会員限定]

戦争は嫌いだし、すべきではない。おそらく大抵の人の思いは同じであろう。第2次大戦で日本が被った被害は尋常ではなく、戦争を回避すべく歴史的な教訓として深く刻み込むことは、たいへん重要であると思う。

戦局が行き詰まってもなおかつ当時の指導者が徹底抗戦を叫び続けた結果が、より戦禍を広げた。戦争は国家間の紛争を解決する最終的な手段とされるが、現代では一度火蓋を切れば、相手国を降伏させようと民間人を標的に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り953文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン