/

この記事は会員限定です

勤労者皆保険という企業依存 透ける年金立て直しの思惑

論説委員 柳瀬和央

[有料会員限定]

岸田文雄政権が全世代型社会保障構築会議で勤労者皆保険の検討に着手した。日本は半世紀以上も前に、公的な年金・医療保険で全国民をカバーする国民皆保険を達成している。なぜ今さら「勤労者に皆保険」なのだろうか。

真意はこの場合の「保険」が会社員の入る厚生年金や健康保険のことだと考えると見えてくる。つまりすべての勤労者を会社員と同じような社会保険に加入させる改革だ。

年金や医療は就業形態で加入する制度が分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1405文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン