/

この記事は会員限定です

自分なりの「地図」を描く 広瀬克哉さんの読書の流儀

広瀬克哉・法政大総長(リーダーの本棚)

[有料会員限定]

高校2年の時、人生の転機となる論文と出合う。戦後日本を代表する政治学者、丸山眞男だ。

通信添削の現代国語の問題で「人間と政治」が出題されました。全体主義に同調する人間の本性やそれが民主主義への脅威になっていることを論じ、人間が政治的に進歩していけないとしても「学問や宗教は政治に対して違約を責めることは出来ない、むしろ『取扱注意』の赤札をついに人間から不要にすることの出来なかったおのれの無力さをこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1785文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン