/

この記事は会員限定です

米科学界、「UFO探し」に本腰 AIや最新観測機器投入

編集委員 吉川和輝

[有料会員限定]

米ハーバード大などの研究者グループが7月末、地球外の知的生命体が送り込んだ可能性がある物体や未確認飛行物体(UFO)など未解明の現象を、最新の観測装置と人工知能(AI)技術で調査するプロジェクトに乗り出した。6月に米政府が発表したUFO報告書のような事例を科学の目で検証する。宇宙からの電波観測などの手段で従来行われてきたエイリアン探しとは一線を画す試みだ。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1604文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン