/

この記事は会員限定です

「ネット活用に習熟」前提に コロナ後の消費市場

勝又壮太郎・大阪大学准教授

[有料会員限定]
ポイント
○消費者はコロナ下で経験した知識を保有
○高齢者層のデジタル適応は飛躍的に進む
○実店舗はオンラインとの役割分担意識を

2020年初めから続く新型コロナウイルスとの戦いは、世界中を巻き込んで社会・経済の変革を迫った。ワクチン接種により明るい兆しも見え始めたが、コロナ禍の収束にはなお時間がかかりそうだ。この1年半で消費者にどのような変化があったのかを踏まえながら、コロナ後を含めた今後のビジネスを考...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2601文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン