/

この記事は会員限定です

FRB、国債購入の出口難題 米経済対策をどうみるか

田中隆之・専修大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○大型財政出動、インフレ目標には追い風
○コロナ対策の資金繰りをFRBが支える
○短期金利誘導型の金融政策への復帰遠く

バイデン米大統領は5月28日、2022会計年度の予算教書を公表し、コロナ危機前を3割上回る約6兆ドル(約660兆円)の歳出を連邦議会に求めた。1.9兆ドルの米国救済計画の成立に続き、今後8~10年かけて2兆ドル規模をインフラなどに投じる米国雇用計画、1.8兆ドル規模を育児や教育...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2657文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン