/

この記事は会員限定です

Web3振興、規制・税制の柔軟な見直しを

坂井豊貴・慶応義塾大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○日本は産業振興より顧客保護優先しがち
○暗号資産に厳しい税制の見直しも不可欠
○実験の失敗受け入れてこそ果実得られる

1年前には4万ドルを超えていたビットコインの価格は2万ドル前後で推移している。それでも暗号資産(仮想通貨)の中では健闘しているほうで、マイナー銘柄では90%以上値下がりしたものも珍しくない。暗号資産は「冬の時代」といわれる。だが暗号資産と不可分なオンライン事業構造「Web3(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2599文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません