/

この記事は会員限定です

企業活動と環境保全(7) プラスチック問題への対処

九州大学准教授 藤井秀道

[有料会員限定]

プラスチックは軽くて丈夫な性能を有するとともに、アルカリや酸に強く、衛生的な特性も持ちます。このため製造業、医療、建築、漁業、小売業など幅広い分野で活用され、私たちの利便性を高め、日々の生活を豊かにしています。

一方で、使い捨てや不適切な管理によって深刻な環境問題が引き起こされており、海洋プラスチックごみ問題などは喫緊の課題として指摘されています。

これらの課題解決に向け、日本では2021年6月に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り641文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン