/

この記事は会員限定です

[社説]ワクチン人材の確保を急げ

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策で高齢者向けのワクチン接種が本格化してきた。菅義偉首相は7月末までに高齢者への接種を終えるため「1日100万回接種」という目標を示したが、実現するには平時の考え方にとらわれない非常時ならではの発想が必要だ。

65歳以上の高齢者は約3600万人おり、全員が2回打ち終えるには約7200万回分の接種が要る。だが、4月12日に始まった高齢者接種で1回目が打ち終わったのは5月13日時点...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り584文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン