/

この記事は会員限定です

繁栄・平和復権、G7主導で ウクライナ危機後の世界

田幡直樹・ジョンズ・ホプキンス大SAIS客員研究員

[有料会員限定]
ポイント
○30年間続いた世界のグローバル化は終了
○国家資本主義のブロックは徐々に衰退か
○ルールに基づく世界復興は国際協調軸に

1991年にソ連が崩壊し、ロシアが成立して30年以上が経過した。この間、民主主義、自由貿易、効率的市場、所得の平等、途上国の成長、世界をカバーする20カ国・地域(G20)などを根幹とするグローバリゼーションが世界に浸透し、成果を挙げてきた。ロシア、中国など覇権国家の台頭もあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2606文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン