/

この記事は会員限定です

デジタル貿易が生産性左右 揺らぐサプライチェーン

伊藤萬里・青山学院大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○日本のデジタル貿易は外国の供給網依存
○リスキリングがデジタル輸出拡大の鍵に
○過度の国内回帰は生産性向上に悪影響も

経済のデジタル化により財・サービスの電子的な発注や、ダウンロード・ネット配信など電子的に配送されるサービスの利用が増えている。こうした発注・配送時のデータ収集・移転を伴う財・サービスの貿易を「デジタル貿易」と呼ぶ。

例えば外国事業者の宅配サービスや音楽・動画配信サービスの利用...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2625文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません